第22回ケアマネ試験問題 56 福祉分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 福祉分野

問題56
介護保険における夜間対応型訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1事業者は、利用者へ配布するケアコール端末に係る設置料、リース料、保守料の費用を利用者から徴収することができる。
2利用者から合鍵を預かる場合は、従業者であれば容易に持ち出すことができるような管理を行う必要がある。
3随時訪問サービスは、利用者の処遇に支障がないときは、他の指定訪問介護事業所の訪問介護員等に行わせることができる。
4夜間対応型訪問介護計画の作成後に居宅サービス計画が作成された場合は、夜間対応型訪問介護計画を必要に応じて変更する。
5看護師及び介護福祉士は、面接相談員になることができる。



問題 56    正解  3  4  5

1 ×

利用者へ配布するケアコール端末に係る設置料、リース料、保守料等の

費用の徴収は、認められていません。

ただし。

利用者宅から、事業所への通報に係る通信料(電話料金)については、利用者が

負担すべきものとされます。

かなり以前になりますが、類似問題が登場してましたね。

利用者さんサイドからの要請で、夜間であっても、定期の巡回以外に、

随時の訪問もしていただくことも可能な、夜間対応型訪問介護。

心身の状況によっては、ケアコール端末は配布せず、

利用者さん御自身の、固定電話や携帯電話からの緊急要請もOK!!です。

2 ×

自宅の合鍵をお預かりすることは、生命に関わる可能性もある、重大な

案件ともいえますよね。

これは、夜間対応型訪問介護の運営基準、第10条の7に規定されて

います。

第10条の7

指定夜間対応型訪問介護の提供に当たり利用者から合鍵を預かる場合には、

その管理を厳重に行うとともに、管理方法、紛失した場合の対処方法その他、

必要な事項を記載した文書を利用者に交付するものとする。

3 ○

随時訪問サービスについては、他の指定訪問介護事業所の訪問介護員等に行わせる

ことができる場合としては、

利用者が昼間に利用している指定訪問介護事業所の訪問介護員等に行わせる場合

などが想定されます

4 ○

地域密着型サービスの1つに位置づけられる、夜間対応型訪問介護。

居宅サービス計画(ケアプラン)に盛り込まれる場合も、当然に

あります。

5 ○

むずかしいですね。

鍵は、オペレーター・・・

日中の面接等を通じて、利用者の状況を把握するために配置するものであるので

『オペレーターと同様の資格』

又はこれらと同等の知識経験を有する者を配置するように努めることが必要と

されます。

ちなみに。

オペレーターとして、

医師、保健師、看護師、准看護師、介護福祉士、社会福祉士、または、

介護支援専門員を、提供時間帯を通じて1人以上 配置とされます。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ