第22回ケアマネ試験問題 55 福祉分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 福祉分野

問題55
介護保険における認知症対応型通所介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1利用者の日常生活やレクリエーション、行事を通じて行う機能訓練であっても、機能訓練指導員以外の者が行うことはできない。
2指定認知症対応型共同生活介護事業所における共用型指定認知症対応型通所介護の利用定員は、共同生活住居ごとに1日当たり3人以下である。
3利用者、家族へのサービスの提供方法等の説明には、認知症対応型通所介護計画の目標及び内容や利用日の行事及び日課も含まれる。
4既に居宅サービス計画が作成されている場合には、認知症対応型通所介護計画の内容について利用者の同意を得なくてもよい。
5事業者は、運営推進会議における報告、評価、要望、助言等について記録を作成し、公表しなければならない。



問題 55   正解  2  3  5

1 ×

毎日のお散歩や体操、ゲームなどのレクレーション、地域の運動会や盆おどり

大会など。

心身の機能の維持・向上に役立つ機会はたくさんあります。

事業所には、機能訓練専門職員以外にも、看護師、介護職員も配置されて

いますので、協働での支援がおこなわれることも可能ですね。

事業所に配置されている、サービス担当者による機能訓練や、

栄養改善サービス、口腔機能向上サービスなどを受けることで、

身体機能や精神機能が安定し、維持することにつながるとされます。

2 ○

この類型では、事業所の、居間や、食堂を利用して

行なわれることが想定されていますので、定員もそれにみあう、少人数を

思い描いていただくとよいでしょう。

3 ○

どのサービスにおいても、

サービス提供は、漫然と行なわれるわけではないことは、みなさまの

ほうが、よく御存知ですよね。

4 ×

両者は別物です。

当然に、認知症対応型通所介護計画の内容についての説明と同意が必要と

なります。

5 ○

「運営推進会議」とは、介護保険法の「指定地域密着型サービスの事業の人員、

設備及び運営に関する基準」の規定に基づき、地域密着型サービス事業者が自ら

設置するもので、利用者の家族や地域住民の代表者等に、提供しているサービス内容を

明らかにすることで、事業所による利用者の「抱え込み」を防止し、地域に開かれた

サービスとすることで、サービスの質の確保を図ることを目的としています。

設問にあるように、会議の記録を作成し、その内容を公表することが義務付けられて

います。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ