第22回ケアマネ試験問題 54 福祉分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 福祉分野

問題54
介護保険における住宅改修について正しいものはどれか。3つ選べ。

1転居前に住宅改修費の支給を受けた場合でも、転居後の住宅について住宅改修費を受給できる。
2リフトなど動力によって段差を解消する機器に係る工事の費用は、住宅改修費の支給対象となる。
3扉の取替えに伴う壁や柱の改修工事の費用は、住宅改修費の支給対象となる。
4ポータブルトイレの設置は、住宅改修費の支給対象となる。
5要介護状態区分か3段階以上上がった場合は、改めて住宅改修費を受給できる。

 



問題 54    正解  1  3  5

1 ○

転居前の、住宅改修費の支給状況にかかわらず、転居後の

住宅について、支給限度基準額の20万円まで、支給の申請を行なう

ことができます。

2 ×

昇降機、リフト、段差解消機など、動力によって段差を解消する機器を

設置する工事は給付の対象ではありません。

3 ○

給付が認められている住宅改修に附帯して、必要となる住宅改修に

ついても、給付が認められています。

4 ×

あわてて、(○)にしそうですが、同じ介護保険の給付でも、

ポータブルトイレは、福祉用具販売に該当ですね。

5 ○

要介護状態が、著しく重くなった場合の例外が、認められています。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ