第22回ケアマネ試験問題 52 福祉分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 福祉分野

問題52
介護保険における訪問入浴介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1サービス提供は、1回の訪問につき、看護職員1名と介護職員1名で行う。
2終末期にある者も、訪問入浴介護を利用できる。
3同一時間帯での同一利用者に対する入浴介助については、別に訪問介護費を算定することはできない。
4利用者に病状の急変が生じた場合には、速やかに事業所の管理者に連絡し、変更・中止の指示を受ければよい。
5協力医療機関は、事業の通常の実施地域内にあることが望ましい。



問題 52   正解   2   3   5

1 ×

過去の本試験においても、何度も登場している問題ですね。

基本のメンバーは、以下になります。

◆◆ 看護職員 1人以上  プラス  介護職員 2人以上

2 ○

26年度の、問題51に、逆バージョンが登場していましたね。

サービスの提供にあたっては、主治医の指示のもとで、適正な

方法で入浴を支援します。

場合によっては、医師の往診、または、訪問看護の提供が行われる

タイミングに、訪問予定を調整するなどの配慮もおこなわれます。

3 ○

深読み禁止で。

4 ×

生命にかかわる急変も、起こり得ます。

救急要請など、状況に応じて、優先順位の高いものからの対応が

のぞまれます。

5 ○

おや。

おやおや。

どこかでみましたね。

29年度の、問題54に、そっくりさん問題が登場しています。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ