第22回ケアマネ試験問題 51 福祉分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 福祉分野

問題51
介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1一定の研修を受けた介護職員が喀痰吸引を行った場合には、中重度者ケア体制加算を算定できる。
2生活機能向上連携加算を算定するためには、外部の理学療法士等と当該事業所の機能訓練指導員等が共同してアセスメントや個別機能訓練計画の作成等を行わなければならない。
3入浴介助を適切に行うことができる人員及び設備を有する事業所が入浴介助を行った場合には、入浴介助加算を算定できる。
4生活相談員が要介護認定の申請に係る援助を行った場合には、生活相談員配置等加算を算定できる。
5看護師が低栄養状態にある利用者に対して栄養ケア計画を作成した場合には、栄養改善加算を算定できる。



問題 51   正解   2   3

1 ×

中重度者ケア体制加算の算定要件として、以下があげられます。

◆ 人員基準を満たす看護職員または介護職員の配置のほかに、看護職員または

  介護職員を常勤換算法で2以上追加で配置していること

◆ 3月を除く前年度または、算定日が属する月の前3ヵ月の実利用者数または延べ

  
  利用者数のうち、要介護3以上の利用者が、30%以上の割合を占めていること

◆ 1日の通所介護のサービス提供時間を通して、他の職務を兼務していない専従の

 
  看護職員を1名以上配置していること

◆ 中重度の者であっても、社会性の維持を図り、在宅生活の維持に必要なケアや

  リハビリを計画的に実施するプログラムを作成していること

2 ○

事業所の垣根、専門職種の垣根、いろいろなバリアを飛び越えた連携による

加算なのですね。

3 ○

おや。

おやおや。

どこかでみたことありますね。

26年の、問題52に、逆バージョンが・・・

4 ×

設問の援助内容は、通常業務の範疇ですよね。

『共生型通所介護事業所』に、

生活相談院を1人以上配置し、かつ、地域交流の場の提供などの

地域貢献活動を実施している場合に、生活相談員配置等加算として、

1日につき、所定の単位数を算定できます。

5 ×

まことしやかな文章ですが・・・

『管理栄養士』(外部との連携をふくむ)を、

1人以上配置し、低栄養状態または、そのおそれのある利用者に対して、

栄養改善サービスを行なった場合は、原則として、

3月以内の期間に限り、月2回を限度に、栄養改善加算として所定の

体位数を算定できます。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ