第22回ケアマネ試験問題 47 福祉分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 福祉分野

問題47
ソーシャルワークに関する次の記述のうち、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1ラホールとは。主訴をとらえてニーズを確定することである。
2アセスメントシートの順番に従い、すべての項目を尋ねなければならない。
3アセスメントは、クライエント本人からの情報のみで行うものではない。
4援助計画は、柔軟に変更できるよう、可能な限り抽象的に立てることが重要である。
5事後評価には、スーパービジョンを受けることも含まれる。



問題 47   正解  3  5

1 ×

つりです。

ちゅういなさってください。

『ラポール』とは、

主として、2人の人間のあいだにある、相互信頼の関係と訳して

いただくとよいでしょう。

『こころが通じ合っている』とか、

『なんでも打ち明けられる』とか、

『言ったことが、じゅうぶんに理解される』と

かんじられる関係・・・ですね。

2 ×

解説不要ですよね!!

アセスメントは、

けっして、取り調べでも、尋問でもありません。

3 ○

観察や、本人との面接のほかにも、他種職や、介護者などからの

情報もまた、アセスメントにおいて活用されます。

4 ×

計画作成においては、

わかりやすい、具体的な目標を設定します。

抽象的な目標ではなく、できるかぎり、具体的に、誰もが共通に、

理解可能な目標とします。

 
  

5 ○

事後評価のなかには、ワーカーの援助実践過程での力量や、

有用性の検証などをふくめます。

そのためには、

スーパービジョンや、コンサルテーションを積極的に

活用していくことも、必要となります。

相談面接のプロセスは、以下のようなながれにとらえて

いただくと、各段階がイメージしやすいとおもいます。

(1) 開始

(2) アセスメント

(3) 契約

(4) 援助計画

(5) 実行・調整・介入

(6) 援助計画の見直し・過程評価

(7) 終結

(8) フォローアップ・事後評価・予後



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ