第22回ケアマネ試験問題 46 福祉分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 福祉分野

問題46
面接場面におけるコミュニケーション技術について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1共感とは、クライエントの考え方について、援助者がクライエントの立場に立つて理解しようとすることをいう。
2援助者は、援助者自身の過去の重要な人との関係をクライエントに投影するように努めるべきである。
3クライエントが沈黙している場合には、援助者は、常に積極的に話しかけなければならない。
4クローズドクエスチョンは、事実の確認を行う場合に用いる。

5直面化とは、クライエントが目を背けていることに気づかせることをいう。

 



問題 46     正解 145

迷いますね。

深読みしすぎずに・・・と思っても

なんだか迷います。

そんな時は、予定どおりに手持ち時間のなかで

ベストアンサーを選んだら、次にすすみましょう。

1 ○

深読み禁止です。

2 ×

ここも、シンプルに。

3 ×

深読み厳禁です。

沈黙を通して伝わるメッセージにも、深くこころを配ることが

のぞまれますね。

4 ○

ここで迷った受験生さん、多いのではないでしょうか??

なんだか、微妙にとっつきにくい文章ですが、

『はい』 や、『いいえ』などの、単語で、もしくは、

2つか、3つ程度の単語で答えられる質問を、閉じられた質問、

すなわち、クローズドクエスチョンとするなら、

正答は、(○) ですね。

もちろん、

事実の確認以外にも、多くの場面でクローズドクエスチョンが

もちいられます。

5 ○

深読みしたくなりますが。

ここも、頑張って、シンプルに。

『直面化』とは、

成長をうながす、コミュニケーションの技術の1つとされます。

感情、体験、行動の、三者間で、なにかが合い異なる状況に

対して、問いかけることで、自分自身の感情、体験、行動を

見直していくことへと、誘うものといわれます。

具体的には・・・

たとえば。

クライエントの話の内容で、矛盾している点を指摘する直面化

した場合・・・

直面化することで、クライエントが自分の葛藤や矛盾に気づいたり、

話しやすくなったりするきっかけが、得られることもあります。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ