第22回ケアマネ試験問題 42 医療分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 医療分野

問題42
指定短期入所療養介護について適切なものはどれか。3つ選べ。

1家族の疾病、冠婚葬祭、出張等の理由では、利用できない。
2喀痰吸引や酸素療法など医療ニーズが高い要介護者も利用できる。
3虐待等やむを得ない事情がある場合でも、利用定員を超えて受け入れることはできない。
4サービス提供施設として、介護老人保健施設、介護医療院、指定介護療養型医療施設、療養病床を有する病院又は診療所がある。
5療養型以外の介護老人保健施設が提供する短期入所療養介護には、在宅強化型、基本型、その他がある。

 

 



問題 42   正解   2  4  5

さて。

ここからは、医療系サービスに関する出題が、4問連続でつづきます。

1 ×

ちょっと。

うれしい。

きほんもんだい。

これは、短期入所療養介護の運営基準に規定されていますね。

一部抜粋して、御紹介してみましょう。

第144条

(対象者)

指定短期入所療養介護事業者は、利用者の心身の状況若しくは病状により、

若しくはその家族の疾病、冠婚葬祭、出張等の理由により、又は利用者の家族の

身体的及び精神的な負担の軽減等を図るために、一時的に入所して看護、医学的

管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療等を受ける必要がある者を

対象に・・・(以下省略)

2 ○

短期入所生活介護との相違点も、おさえておくとケアマネジャーとして

活躍をはじめた際に、おおいに役立ちます!!

3 ×

法律や制度が誕生する際には、同時に、例外も生まれます。

本来であれば、定員遵守がルールですが、例外もみとめられています。

運営基準の一部抜粋ですが、御紹介してみましょう。

154条

(定員の遵守)

指定短期入所療養介護事業者は、次に掲げる利用者数以上の利用者に対して

同時に指定短期入所療養介護を行ってはならない。

ただし、災害、虐待その他のやむを得ない事情がある場合は、この限りでない。

4 ○

御時間のあるときに、それぞれのショートステイのHPなども

ぜひチェックを。

5 ○

短期入所療養介護の『介護報酬の仕組み』は、

要介護度別で定められている、短期入所療養介護費がベースになる

部分と、それとは別に、定められた条件を満たした場合に算定できる、

各種の加算で構成されています。

ベースとなる短期入所療養介護費は、

サービスを提供する本題が、介護老人保健施設、療養病床を有する病院、

診療所、老人性認知症疾患療養病棟かによって、それぞれ設定されています。

さらには、

それぞれの施設種別のなかでも、その機能や、人員配置、療養環境の違いに

あわせて、短期入所療養介護費と加算が細かく設定されています。

御住いの地域にある、老健が提供する、短期入所療養介護のHP

などをご覧いただくと、料金に関する記載があり、要介護度ごとに、

在宅強化型、基本型、その他に分類され、1日の料金が異なることに

気づかれるとおもいます。

短期入所療養介護費には、いくつもの種類があり、それぞれに、

利用料金も異なってくるのですね。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ