第22回ケアマネ試験問題 37 医療分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 医療分野

問題37
検査について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1血清グロブリンは、栄養状態をみる指標として最も有用である。
2脊椎の圧迫骨折で身長が低くなると. BMI(Body Mass Index)は、骨折前と比較して高くなる。
3血中尿素窒素(BUN)は、肥満の程度を示す。
424時間心電図(ホルダー心電図)の検査中は、臥床している必要がある。
5C反応性たんぱく質(CRP)は、感染症で高値になることが多い。

 



問題 37    正解   2 5

1 ×

なんでだか。

アルブミンと、グロブリン、読みか違えてた・・・

疲れてたのかな。

こんな受験生さん、おられないでしょうか??

待ってましたとおもう設問こそ、注意深く、ゆっくりと、最後まで問題文読み、

間違いなく、マークすることがたいせつ。

『過去問まつり』の、問題37。

ここは、根性で頑張って、1点追加に。

2 ○

ちょっと、なにいってるのか、よくわかんない・・・

こんな受験生さんも、多いかもしれませんね。

体重 ÷ 身長 ÷ 身長 で 算出されるのが、

そうですね、『BMI』 です。

一般成人であれば、この計算でいいのですが、

低栄養、あるいは、低栄養予備軍の高齢者にとっては、

大きな問題があるのですね。

高齢になると、

脊椎圧迫骨折などにより、脊椎の変形がおこったため、

背中がまあるくなってしまう、いわゆる、円背(えんぱい)に

なることや、

膝などの関節が、まっすぐ伸びずに曲がってしまうことなどにより、

御本人の本来の身長よりも、数値が小さくなるケースがあります。

その結果、どうなるかと申しますと・・・

体重 ÷ 身長 ÷ 身長 イコール  BMI

BMIの数値は、大きくなり、栄養状態は良いことになってしまうの

ですね。

高齢者は低栄養に陥りやすいのにもかかわらず、誤った、身長測定結果から、

不適切なBMIが導き出されてしまう・・・

低栄養が、隠れてしまう。

ここが、問題となります。

3 ×

腎機能検査の項目として、おなじみの、血中尿素窒素

これが、BUN ですね。

腎機能が悪化すると、高い数値となるのが、BUN。

BUNと、クレアチニンとの比率は、脱水の診断基準の指標としても

重要とされます。

4 ×

不整脈があったり、狭心症が疑われる場合に用いられるのが、『ホルター心電図』

ですね。

医療機関で、診察台などに臥床して行なう心電図検査とは異なり、機器を装着して、

在宅で、いつもどおりすごしてOKです。(お風呂や、電気毛布などはNG!)

24時間、日常生活をおくるなかで、心電図が自動的に記録され、その結果を解析します。

5 ○

体内に炎症が起きたり、組織の一部が壊れたりした場合、血液中に蛋白質の一種である

CRP(C-リアクディブ・プロテイン)が現われます。

このCRPは、正常な血液のなかにはごく微量にしか見られないため、

炎症の有無を診断するのに用いられます。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ