第22回ケアマネ試験問題 36 医療分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 医療分野

問題36
バイタルサインについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1やせているため体温計を腋窩部に密着できない場合には。腋窩部では正確に体温を測定できない。
2脈の結滞(拍動が欠けること)は、健常高齢者でもよくみられる。
3大動脈疾患の患者の血圧測定は、左右両方の腕で行う。
4呼吸数は、聴診器がないと計測できない。
5パルスオキシメータは、指先から血液を針で採取して測定する。

 




問題 36    正解  1  2  5

正答番号が、各社で大きく分かれた、問題36。

みなさまは、何番を選ばれましたか??

それぞれの設問の、 

○ の理由。

× の理由。

御一緒に、みてまいりましょう。

1 ○

ここは、満場一致で、 ○ とおもわれます。

近年では、耳で計測するものなど、さまざまなタイプの体温計が

登場していますので、病状などにあわせたものを選ぶのが、ベスト。

2 ○

触知では、まるで、1つ、脈拍が、飛んで、抜けたようにかんじるのが、『結滞』。

健康な高齢者でも、みられる不整脈の1つですが、頻度が高い場合などは、

やはり、医療機関受診がベストです。

3 ○

本来、上腕血圧には、大きな左右差はほとんどないとされます。

ただし。

つねに、再現性をもって、10mmHg 以上の差がある場合は、

左右差ありとの、認識が必要になるのですね。

大動脈疾患、片麻痺、進行した動脈硬化などでは、血圧に左右差が

みられることがあるため、両側での血圧測定が必要となる場合もあります。

4 ×

目視でも、いけそうです・・・  

5 ×

医療系ドラマなどで、指先に、洗濯バサミみたいな、ちっさな機器を

はさんでるのを、ご覧になったことが、きっとどなたもおありかとおもいます。

あれが。

パルスオキシメーター。

手指の先に、ひかりセンサーを装着して、

血液中に、どのくらいの酸素が含まれているかを、測定する

医療機器です。

アマゾンでも、楽天でも、通販で購入可能!

訪問介護における、医療行為でない行為として、装着することも

みとめられています。

いったい。

なんのために、使うのでしょう??

御本人が、気管切開をしている場合や、人工呼吸器を装着している場合などは、

息苦しくても、タイムリーに、介護者などに伝えることが難しい場合も。

こんなときに、役立つのが、

パルスオキシメーター。

デジタル表示された数値が、喀痰吸引の必要性や、緊急連絡の判断などの目安に

なるのですね。

ちなみに。

パルスオキシメーターで計測するのは、

脈拍数と、経皮的動脈血酸素飽和度。

どちらも、皮膚のうえから、計測可能です。

したがって。

大門  未知子の、オペ後であっても、

採血は、い・た・し・ま・せ・ん。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ