第22回ケアマネ試験問題 34 医療分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 医療分野

問題34
在宅医療管理について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1腹膜透析は、血液透析に比べて食事内容の制限が多い。
2人工的に造設した便や尿の排泄口のことを、ストーマという。
3在宅経管栄養法で栄養剤を注入する際の体位は、座位又は半座位が望ましい。
4在宅酸素療法の利用者が呼吸苦を訴えた場合は、ただちに酸素流量を増やす。
5在宅中心静脈栄養法を実施している利用者が入浴する場合は、特別な配慮が必要である。

 



問題 34    正解  2  3  5

1 ×

現場では、『透析』と呼ばれることがほとんどですが、正式名称は、人工透析。

なんらかの理由で、腎臓のはたらきが悪くなってしまったときに、腎臓の

かわりに、老廃物の除去、水分や電解質などの調整を人工的に行なう方法を

いいます。

人工透析は、御存知のとおり、

血液透析と、腹膜透析の 2種類があります。

ただし。

透析と、ひとくくりにはできないほど、

『血液透析』と、『腹膜透析』には、違いがあるのですね。

血管に、シャントと呼ばれる、静脈と動脈を吻合部を創設し、

ダイアライザーという装置を経て、血液の老廃物を除去する血液透析と、

腹膜にある、腹腔という、スペース(すきま)に専用の管を留置して、

腹膜の効果で、老廃物を除去する腹膜透析。

メカ二ズム以外でも、相違点はいっぱい。

食事制限が、腹膜透析は血液透析にくらべて、比較的、ゆるやかである

ことも、その1つです。

2 ○

人工肛門だけが、ストーマではないのですね。

3 ○

経管栄養法、すなわち、チューブを経て、栄養剤等を注入する栄養法には、

下記の4種類があります。

(1) 経鼻胃管

(2) 食道ろう

(3) 胃ろう

(4) 腸ろう

『ろう』とは、ろう孔、すなわち、穴 という 意味をもちます。

胃ろうであれば、手術で胃に小さな穴を造設して、外界とつながるよう、カテーテルを

入れて留置するのですね。

栄養剤は、留置されたカテーテルに、注入用の管をジョイントして、注入されます。

経管栄養法では、『注入時体位』も、配慮が必要となります。

経鼻チューブ挿入時は、上半身を、45度拳上か座位で、正面を向いた体位にします。

また、顎(あご)が上がっているとチューブが気道に入りやすくなるため、

顎を引いた自然な状態で行います。

胃ろうの場合は、注入剤の逆流をふせぐため、座位、または、半座位がのぞましいと

されています。

4 ×

酸素流量は、安静時、労作時などと、それぞれ医師の指示どおりに、

設定します。

勝手に、増量とか、ぜったいに NGなのですね。

けれど。

いつもどおりだと、息苦しい様子だとしたら・・・

ケアにあたる人は、あせりますよね。

でも。

息苦しさの訴え  イコール  酸素量が足りない  ではありません。

焦りは禁物。

御本人にも、落ち着いて呼吸をなさるように、誘導します。

カニューレがフィットしていないとか、くち呼吸しているなどが原因かも

しれません。

風邪をひいている場合や、肺炎を起こしている場合、心臓に病気がある場合、

貧血なども、息苦しさの要因となり得ますので、速やかに、医療従事者への

連絡がのぞまれます。

5 ○

口腔などの手術後や、がんによる、消化管の通過障害など、さまざまなケースで

適用されるのが、『中心静脈栄養』。

脳血管疾患により、お口から食事が摂れない場合、嚥下が安全面でむずかしい場合、

認知症により、食事が認識できない、あるいは、意欲の低下で必要な量の食事が

摂れない場合などにも、用いられることがあります。

一般におこなわれる、点滴とは異なり、中心静脈という、太い静脈にカテーテルを

留置して、体液よりも濃度の高い、ハイカロリーの栄養剤を点滴する方法です。

皮膚の下に、『ポート』と呼ばれる、接続部を埋め込むこともあります。

脱水などで行なわれる点滴は、針を抜けば、コットンで止血、そのあとは、特に

問題がなければ、普通の生活でOKなのですが、

中心静脈栄養の場合は、感染症の予防をはじめとする、さまざまな配慮が必要に

なります。

重篤な合併症のリスクがある・・・と、覚えておきたい在宅医療の1つです。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ