第22回ケアマネ試験問題 33 医療分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 医療分野

問題33
高齢者の急変時の対応について適切なものはどれか。3つ選べ。

1心肺蘇生時の胸骨圧迫は、仰臥位で行う。
2出血量が多い場合は、傷口を清潔なタオルなどで圧迫し、出血部位を心臓の位置より低くする。
3両手足に力が入らず、頚椎損傷が疑われる場合には、極力身体を動かさないようにする。
4服の下をやけどしたときは、服を脱がせて流水で冷やす。
5食物で窒息したときは、腹部突き上げ法(ハイムリック法)を行うこともある。

 



問題 33   正解   1   3   5

問題32につづいて、もう1問、緊急時・急変時の対応が登場です。

どなたも、職場での定期的な訓練や勉強会などで、正しい対応を学ばれて

おられるとおもいます。

救急処置に使う、さまざまなキットの最新バージョンなども、

職場の仲間で、手分けしてしらべておくのもいいですね。

1 ○

『心臓マッサージ』と呼んだほうが、ピンときますね。

胸骨圧迫は、

硬く、平らな場所に、仰臥位で 横たわっていただき、手順に沿って

おこないます。

お布団や、ベッドなどの柔らかな物の上で行うと、効果が半減してしまう

可能性があり、また、処置中に、手の位置がずれてしまうなどの危険もあります。

時間との闘いでもある、一次救命処置。

可能であれば、複数の人間がたずさわるのがBESTです。

2 ×

出血部位を、心臓よりも、『高くする』・・・ と、

どのような効果があるのでしょう??

これは、出血している部分(腕や脚など)と、心臓との落差をつくりだす

ことにより、出血部の【血圧がさがり】、出血をかなり抑えることができる

ためです。

清潔な布などで、強く圧迫したまま、出血部位を心臓より高く・・・

イメージできたでしょうか??

3 ○

頚椎の二次損傷をふせぐため、不用意な体位変換はおこなわないことが

原則です。

日常生活のなかでも、自転車での転倒や、階段などからの転落、などなど、

おもいもよらない事故は起こり得ます。

注意していても。

起こり得ます。

タイムリーな正しい対応が、そのあとの運命を決めることも有り得ますよね。

4 ×

場合によっては、洋服の上から、着たままの状態で冷水などで冷やします。

重度のやけどでは、熱により、着ている洋服が皮膚にくっついてしまうことも

あるのですね。

無理に、はがすことは禁忌です。

5 ○

あたりまえなのですが、

窒息している御本人は、

いつものようには

しゃべることができません。

窒息していることを、すぐに、周囲に

つたえることができない可能性もあるのですね。

窒息時の対応として、

背部叩打法と、腹部突き上げ法(ハイムリック法)があります。

異物は、咳をしただけでも、吐き出すことができる場合もあり

ます。

側臥位になってもらい、くちの中に指を入れて、異物を取り出すことを

こころみるのも、良い方法です。

上記の方法では、効果がない場合には、叩打法を、

さらには、ハイムリック法を

異物が除去できるまで、こころみます。

乳児の場合は、ハイムリック法は行なわないことにも要注意ですね。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ