第22回ケアマネ試験問題 31 医療分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 医療分野

問題31
次の記述のうち適切なものはどれか。3つ選べ。

1フレイルとは、健康な状態と介護を要する状態の中間的な状態である。
2高次脳機能障害の主な症状には、失行や失認が含まれる。
3心筋梗塞は、冠動脈が破裂して起こる疾患である。
4糖尿病は、肝臓で作られるインスリンの不足によるものである。
5高齢者に多い骨折部位には、大腿骨頚部や胸腰椎が含まれる。

 



問題 31   正解  1  2  5

1 ○

プレフレイル、フレイル、フレイリティー。

フィジカルフレイル、メンタルフレイル、ソーシャルフレイル。

新概念である、『フレイル』。

ただし、その診断基準は、国際的には確定されていないそうです。

目下、絶賛・研究中!!ともいえますので、次回のケアマネ試験でも、

さらに難易度をあげて、登場する可能性が高いとおもわれます。

ちなみに・・・

現在において、フレイルの基準は、以下の5つの項目とされます。

(1) 低栄養(1年に、体重が、4・5キログラム以上減少)

(2) 身体能力(歩行速度)の低下

(3) 筋力(握力)の低下

(4) 主観的易疲労感(つかれやすい)

(5) 日常生活活動量の減少

上記の、5つの項目のうち、

3つの項目に該当する場合は、フレイルとされ、

1つ、もしくは、2つに該当する場合は、

前フレイル(プレフレイル)と定義されています。

フレイルは、加齢とともに増加し、80歳以降には急増すると

されます。

こころ・からだ・社会とのつながり・・・

幅広い、アプローチが必要ですね。

2 ○

そのほかには、どのようなものがあるかも調べておくと

GOOD。

3 ×

おもわず、椅子から転げ落ちそうになった受験生さん、

おられたのではないでしょうか・・・

梗塞という漢字の、

梗にも、塞にも、

ふさぐ、ふさがれる といった意味があります。

血管内がふさがれて、つまってしまう・・・と

イメージしていただくとわかりやすいとおもいます。

4 ×

ここは頑張って。

読み間違い禁止で。

マークミス禁止で。

5 ○

うっかり、しりもちをついただけでも、

御高齢のかたは、骨折する可能性が大きいもの。

高齢者の骨折で、特に多いとされるのが、

大腿骨頸部骨折、胸椎・腰椎圧迫骨折、とう骨遠位端骨折、肋骨骨折

などです。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ