第22回ケアマネ試験問題 28 医療分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 医療分野

問題28
睡眠について正しいものはどれか。3つ選べ。

1床に就いてもなかなか眠れないことを、熟眠障害という。
2眠りが浅く、すっきりと目覚められないことを、早朝覚醒という。
3かゆみによって睡眠障害が生じることがある。
4薬の副作用によって、夜間に興奮又は覚醒し、不眠になることがある。
5起床時の覚醒水準を高めるケアを行うことで、規則的な排便リズムへの効果が期待できる。

 



問題 28    正解  3  4  5

疲れて帰宅して、お風呂はいったら、スマホ握ったまま、ついつい、

ソファで寝てしまったり。

御休みの日は、夕方まで、ぐっすり。 

いま、いちばんほしいもの、睡眠時間!!

そんな、はたらき盛りのみなさまにとって、睡眠障害は縁遠いことかも

しれません。

けれど。

加齢とともに。

眠りに関する問題が、生じます。

睡眠障害の種類は、おおきく分けて、以下の4つ。

(1) 入眠困難

お布団にはいっても、なかなか眠れない。

(2) 中途覚醒

眠ってる途中に、目が覚めてしまい、そのあとは、

眠りにつきにくい。

(3) 早期覚醒

予定時間よりも、早くに目が覚めてしまい、そのあとは、

眠れなくなってしまう。

(4) 塾眠障害

眠りが浅く、すっきりと目覚めることがむずかしい。

1 ×

入眠困難が、正解ですね。

2 ×

塾眠障害が、正解ですね。

3 ○

高齢者において、痒みの原因となる疾患は、さまざま。

がんばって、学習しておきたいところです。

4 ○

副作用だからしかたない、ではなく、対応策も必須。

5 ○

カーテンを開けて、朝日を浴びる。

コップ1杯の、お水を飲む。

朝ごはんをきちんと食べて、体内時計をリセットするなど、

起床時の覚醒水準アップには、簡単なこともたくさん

ありますので、可能な範囲で取り入れていきたいですね。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ