第22回ケアマネ試験問題 27 医療分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 医療分野

問題27
食事について適切なものはどれか。2つ選べ。

1摂食・嚥下プロセスの先行期(認知期)は、食べ物を咀嚼する段階である。
2摂食・嚥下プロセスの咽頭期の障害では、胃からの逆流がみられる。
3食事の介護のアセスメントには、福祉用具専門相談員が関わることもある。
4食事の介護のアセスメントには、利用者が調理を行っているかどうかの確認は含まれない。
5食事の介護のアセスメントでは、利用者の普段の活動性や睡眠状況も確認する。



問題 27   正解  3  5

ぜんぶで、

5つの段階に わけられている、摂食・嚥下のプロセス。

(1 先行期 (認知期)

(2)準備期

(3)口腔期

(4)咽頭期

(5)食道期

なんだか、ひっかけ問題に使われやすそうなオーラがでてますね・・・

1 ×

認知期という、その名のとおり、まずは、視覚、触覚、嗅覚などで、

食べ物であることを認知して、無条件反射で唾液が分泌される段階と

なります。

2 ×

『食道』と『気道』。

入り口は、ひとつなのに、

無理して息とめてなくても、

おしゃべりしながらでも、

ごはん食べたり、お茶のんだりできるって、不思議ですよね。

これは。

咽頭に食べ物のかたまりが入ってくると、気道が閉じられて、食道に

食べ物のかたまりが、送られるから。

ここで、

食べ物のかたまりを、飲み込むこと、

それが、

嚥下となります。

ちなみに、咽頭期における、障害として、

口腔だけでなく、咽頭にも、食べ物のかたまりが、残りやすくなることが

あげられます。

3 ○

ケアプラン作成には、実に、多くの専門職がかかわることは、

みなさまのほうが、くわしく御存知かとおもいいます。

3人どころか、もっと、もっと、集まって、アセスメントにのぞみたい

ところですね。

4 ×

おーーーーーーーーーーーい!!

御本人おいてかないでーーーーーーーーーー。

5 ○

文句なしの、大正解。



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ