第22回ケアマネ試験問題 26 医療分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 医療分野

問題26
呼吸について適切なものはどれか。2つ選べ。

1高齢者は、一般に、若年者と比べ、 1回換気量は低下する。
2頻呼吸は、発熱や心不全でもみられる。
3心不全による呼吸困難は、起座位又は半座位で増強し、臥位で軽減する。
4下顎呼吸は、慢性気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者でよくみられる。
5チェーンストークス呼吸では、小さい呼吸から徐々に大きい呼吸となり、その後徐々に小さい呼吸となって、一時的な呼吸停止を伴う呼吸状態を繰り返す。

 

 



解答解説

問題 26   正解  2 5

1  ×

むかし、むかしの、本試験に登場したことがある『換気量』・『残気量』にちなむ

ひっかけ問題ですね。

なんだか、意外なかんじなのですが!!

高齢者において、1回『換気量』は、一般成人とくらべて、大きな違いはないとされて

います。

ただし。

『残気量』は増えているため、肺活量の低下につながるのですね。

ちなみに。

呼吸数は、正常の高齢者で、1分間に、15回から20回とされます。

2  ○

正常であれば、15回から、20回程度の呼吸数。

疾病など、さまざまな条件で、変化することは、みなさまも御存知のとおりですね。

呼吸数が、1分間に25回以上で、1回の換気量が減る場合を、『頻呼吸』とよびます。

『頻呼吸』は、発熱や、心不全、呼吸器疾患などでみられます。

3  ×

うううむ。

たくみな、ひっかけ連発ですが、クリアしていただけましたか??

ところで。

なぜ、『起座位』や『座位』のほうが、呼吸が楽になるのでしょう??

これは、簡単に申しますと、横隔膜がさがり、呼吸面積がひろがるから。

そして。

肺のうっ血が、軽減されるからですね。

4  ×

ツッコミどころ満載の設問でしたが、ここは、きっぱり(×)を選んでいただけたとおもいます。

下顎(かがく)呼吸とは、努力呼吸の1つとされ、呼吸のたびに、顎で、あえぐような呼吸とされます。

下顎呼吸がはじまると、1時間から2時間で、亡くなることが多いとされます。

ターミナルケアの学習でも登場する、特徴的な呼吸ですが、慢性閉塞性肺疾患のかたに限るものではありません。

5  ○

脳血管障害や、心不全など、重症の疾患時においてみられるとされる、

チェーンストークス呼吸。

日本救急医学会HPでは、下記のように説明されています。

小さい呼吸から一回換気量が漸増し大きな呼吸となった後,一回換気量が漸減し

呼吸停止(10‐20秒程度の無呼吸)がおこり,その後再び同様の周期を繰り返す呼吸。

周期性呼吸の代表例。1周期は30秒から2分くらいのことが多い。

中枢神経系が障害され,呼吸中枢の感受性が低下した場合や脳の低酸素状態の際に見られる。

また、以下のような説明もありましたので、御参照ください。

チェーンストークス呼吸は呼吸中枢の低酸素症(脳出血、脳梗塞)、

動脈血循環の不良、低酸素血症のいずれかが原因となる。中枢神経系の異常、

うっ血性心不全、重度の腎臓疾患、肺炎、睡眠薬など中枢抑制作用のある薬物による

中毒、全身麻酔、乏血、失神、瀕死時などに認められる



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ