第22回ケアマネ試験問題 15 支援分野

令和元年第22回介護支援専門員実務研修受講試験 問題文 支援分野

問題15

指定居宅介護支援の業務について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1利用者の身体機能に特化したアセスメントを行う。
2利用希望者が要介護認定の結果の通知を受ける前に、居宅介護支援を提供してはならない。
3地域で不足していると認められるサービスがあった場合には、それが地域で提供されるよう関係機関に働きかけることが望ましい。
4利用者が訪問看護の利用を希望した場合には、利用者の同意を得て主治の医師に意見を求めなければならない。
5指定居宅介護支援の提供の開始に際し、あらかじめ、複数の指定居宅サービス事業者等の紹介を求めることができることを利用者に説明しなければならない。

 



解答解説 更新中



目次ページへ

次のページへ

戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ