第21回ケアマネ試験問題56【福祉分野】

問題56
小規模多機能型居宅介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 通いサービス、訪問サービス及び宿泊サービスの算定月における提供回数について、登録者1人当たり平均回数が週4回に満たない場合には、介護報酬は減算される。

2 従業者のうち1人以上は、常勤の看護師又は准看護師でなければならない。

3 一定の条件を満たす事業所において、看取り期におけるサービス提供を行った場合は、看取り連携体制加算を算定できる。

4 利用者の処遇上必要と認められる場合であっても、一の宿泊室の定員は1人である。

5 介護支援専門員は、利用者の処遇に支障がない場合には、管理者と兼務することができる。



 

解答解説 135

問題56

夜間対応型訪問介護と同じく、地域密着型サービスの1つである、小規模多機能型居宅

介護に関する出題ですね。いくつものサービスを提供することから、人員基準、設備基準、

運営基準ともに、覚えることがありすぎ! ですが、地域で暮らす高齢者をささえる、

スーパーエースです。どうぞ、がんばって、得意分野になさってくださいね。

1 ○

設問のとおりです。

今年は、減算にちなむ問題がおおいですね。

2 ×

なんだか、(○)にしたくなりますが・・・

介護従事者として、

通いサービスにあたる者、訪問サービスにあたる者、夜間および深夜の勤務にあたる者が

あげられ、

そのうち、1人以上は、看護師、または、准看護師でなければならないと、されます。

ただし、『常勤』のしばりは、ありませんので、正解は、(×)なのですね。

従業者のうち、1人以上は、常勤でなければならないとされています。びみょうな??

ひっかけ問題でした。

3 ○

設問のとおりです。

4 ×

宿泊室における、原則は、1室あたり、1人が、定員ですが、

利用者の処遇上、必要と認められる場合には、1室あたり、2名の定員も可と

されます。

5 ○

設問のとおりです。

人員基準には、

管理者として、事業所などで3年以上、認知症ケアに従事した経験がある者で、

厚生労働大臣が定める研修を修了している者。 

常勤専従(支障がなければ、兼務可)とあります。

 

 

 

 



 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ