第21回ケアマネ試験問題45【医療分野】

問題45
介護老人保健施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 医療法人が設置する介護老人保健施設では、協力病院を定める必要がない。

2 サテライト型小規模介護老人保健施設及び分館型介護老人保健施設の2つの類型からなる。

3 介護老人保健施設は、入所者が不正行為によって保険給付を受けたときは、市町村に通知しなければならない。

4 感染症又は食中毒の予防のため、その対策を検討する委員会をおおむね三月に1回以上開催しなければならない。

5 入所者の心身の諸機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるため、リハビリテーションを計画的に行わなければならない。



解答解説 345

問題 45

さあ!!  いよいよ、ラストの 1問。  みなさま、おつかれさまでした。

今年の医療分野の、トリを飾ったのは、そうです、『介護老人保健施設』です。

老健に勤務されておられる受験生さんも、大勢おられるとおもいますが、

まだ、1度も、なかを見学したことのない受験生さんには、未知の世界ですよね。

できれば、画像、動画、ホームページの内容チェックなどなどで、しっかり、

イメージをつかんでおくと、御仕事にもおおいに役立ち、おすすめです。

1 ×

老健の入所しておられるかたがたは、以下のように、医学的管理下における、介護などが必要とされることがうかがえます。

第一条の二 

介護老人保健施設は、施設サービス計画に基づいて、看護、医学的管理の下における介護及び

機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を行うことにより、入所者がその有する能力に

応じ自立した日常生活を営むことができるようにすることとともに、その者の居宅における生活への

復帰を目指すものでなければならない。

ということは・・・

そうですね。

あらかじめ、協力病院を定める必要があるはず・・・

第三十条には、以下のような規定があります。

(協力病院)

第三十条 

介護老人保健施設は、入所者の病状の急変等に備えるため、あらかじめ、協力病院を定めておかなければならない。

(2)

介護老人保健施設は、あらかじめ、協力歯科医療機関を定めておくよう努めなければならない。

2 ×

ひとくちに、介護老人保健施設と申しても、実は、いろいろな類型が、存在するのですね。

介護老人保健施設は、100床程度の定員の施設と、それ以外に、以下のような形態がみとめられています。

◆ サテライト型小規模介護老人保健施設

◆ 医療機関併設型小規模介護老人保健施設

◆ 分館型介護老人保健施設

◆ 介護療養型介護老人保健施設

3 ○

介護保険は、社会保険の1つに、位置づけられていることは、みなさまも御存知のとおりですね。

財源は、保険料と租税。

偽り、その他により、不正な給付をうけることは、許されません。

老健の運営基準において、第二十二条には、以下のような規定があります。

(入所者に関する市町村への通知)

第二十二条 

介護老人保健施設は、介護保健施設サービスを受けている入所者が次のいずれかに該当する

場合は、遅滞なく、意見を付してその旨を市町村に通知しなければならない。

(一)

正当な理由なしに介護保健施設サービスの利用に関する指示に従わないことにより、要介護状態の程度を増進させたと認められるとき。

(二)

偽りその他不正の行為によって保険給付を受け、又は受けようとしたとき。

4 ○

多くの入所者の生命にかかわる、感染症対策も、老健では必須となります。第二十九条の、(2)には、以下のような規定があります。

(2)

介護老人保健施設は、当該介護老人保健施設において感染症又は食中毒が発生し、又はまん延しないように、次の各号に掲げる措置を講じなければならない。

(一)

当該介護老人保健施設における感染症又は食中毒の予防及びまん延の防止のための対策を検討する委員会をおおむね三月に一回以上開催するとともに、その結果について、介護職員その他の従業者に周知徹底を図ること。

(二) 

当該介護老人保健施設における感染症又は食中毒の予防及びまん延の防止のための指針を整備すること。

(三 )

当該介護老人保健施設において、介護職員その他の従業者に対し、感染症及び食中毒の予防及びまん延の防止のための研修を定期的に実施すること。

5 ○

設問のとおりです。

第十七条には、以下のように規定されています。

(機能訓練)

第十七条 

介護老人保健施設は、入所者の心身の諸機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるため、

理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを計画的に行わなければならない。

冒頭で御紹介した、第一条の二にありましたように、老健では、機能訓練の提供が想定されて

います。

どのような場所で。

どのようなスタッフにより。

どのようなサービスが提供されるのか。

医療系サービス、また、福祉系サービス、それぞれについて、こんな目線で

御時間のあるときに、イメージをふくらませていただくと、プラン作成にあたり、

おおいに役立ちそうですね。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ