第21回ケアマネ試験問題42【医療分野】

問題42
看護小規模多機能型居宅介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 看護小規模多機能型居宅介護とは、居宅要介護者に訪問看護と小規模多機能型居宅介護を組み合わせて提供するサービスのことをいう。

2 開設に当たっては、都道府県に対して事業所の指定申請を行う。

3 医療ニーズの高い高齢者の利用が想定されているめで、要支援者は利用できない。

4 管理者としての要件は、事業所などで3年以上認知症ケアに従事した経験と、厚生労働大臣が定める研修の修了に限定される。

5 登録者の居宅における生活を継続するための指定看護小規模多機能型居宅介護の提供体制を強化した場合は、訪問体制強化加算として所定単位を加算できる。



解答解説 135

問題 42

すこーーーーーーし前までは、複合型サービスという、名称で知られていたサービス、

それが、

看護小規模多機能型居宅介護 ですね。

ネーミングから察するに、訪問看護 プラス  小規模多機能型居宅介護。

すなわち。

多彩なサービスに、さらに、訪問看護がプラスされた、とっても、こころづよいサービスといえそうです。

1 ○

そのまんまですね。

2 ×

地域密着型サービスの1つに、位置づけられますので、指定等は、市町村が行ないます。

3 ○  

設問のとおりです。

内緒ですが、問題40でも、推測できたように、 介護予防・・・という箇所が、あたまに

ついていないことから、要介護者(要介護1から5の人)が、対象と考えてもよいでしょう。

4 ×

看護小規模多機能型居宅介護における、事業の人員、設備及び運営の基準において、

百七十二条に、以下のような規定があります。

管理者

(管理者)

第百七十二条 

指定看護小規模多機能型居宅介護事業者は、指定看護小規模多機能型居宅介護事業所ごとに

専らその職務に従事する常勤の管理者を置かなければならない。

ただし、指定看護小規模多機能型居宅介護事業所の管理上支障がない場合は、当該指定看護小規模多機能型

居宅介護事業所の他の職務に従事し、又は同一敷地内にある他の事業所、施設等若しくは当該指定看護小規模

多機能型居宅介護事業所に併設する前条第七項各号に掲げる施設等の職務に従事することができるものとする。

(2)

前項の管理者は、特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター、介護老人保健施設、指定小規模

多機能型居宅介護事業所、指定認知症対応型共同生活介護事業所、指定複合型サービス事業所等の従業者

若しくは訪問介護員等として三年以上認知症である者の介護に従事した経験を有する者であって、

別に厚生労働大臣が定める研修を修了しているもの、又は保健師若しくは看護師でなければならない。

あわてて読んじゃうと、正解におもえるのですが、絶妙なひっかけ問題です。

保健師さんや、看護師さんも、管理者となれることから、

文末の、限定される・・・という箇所が、誤りですね。

5 ○

設問のとおりです。

ぜひ、報酬に関する基準で、ご確認くださいね。



次のページに移動

目次ページに移動

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ