第21回ケアマネ試験問題37【医療分野】

問題37
在宅での医療管理について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 インスリンの自己注射の効果は、利用者の体調によって変わることはない。

2 人工透析を受けている者は、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高い。

3 疼痛に対して麻薬を使用する際は、副作用の便秘に注意する必要がある。

4 人工呼吸器を装着している場合には、パルスオキシメーターによって酸素飽和度を測定する。

5 在宅自己導尿は、膀胱内にカテーテルを留置するよりも、感染リスクが高い。



解答解説 234

問題 37

地域包括ケアシステムの構築がすすむことにより、たとえ、介護が必要になっても、

また、さまざまな医療が必要になっても、住み慣れた地域での暮らしが、ベースとなりえます。

在宅でのさまざまな医療機器・医療器具の利用が拡がることもまた、おおいに高齢の

かたがたの暮らしをささえるものとなりますね。

1 ×

シックデイ・・・という、ことばを、耳にされたことがおありでしょうか??

糖尿病の人は、ウィルスなどに対する抵抗力が低下しているため、さまざまな感染症にかかりやすいと言われています。

糖尿病の人が、感染症にかかり、熱が出る・下痢をする・吐く、また食欲不振によって、食事ができないときのことを『シックデイ』(体調の悪い日)と呼ぶのですね。

このような状態では、インスリン製剤を普段使用する必要のない血糖コントロールが日頃は良好な人でも、著しい高血糖になり、たいへん重い状態になることがあります。

1型糖尿病などでインスリン製剤の使用が必須の人では、さらに高血糖になりやすく、注意が必要です。

また、体調が悪いことで食事ができずに低血糖になる可能性もあり、血糖値の確認がとても大切になります。

2 ○

心臓への大きな負担や、高血圧症などなど、人工透析をなさっておられる人は、心臓、血管などといった循環器・神経系統疾患のリスクを抱えるとされます。

予防的治療はもちろんのこと、日々の暮らしにおいても、体調管理・各種疾患の予防は必須ですね。

3 ○

「モルヒネなどオピオイド鎮痛薬」による便秘は、小腸の運動を抑制し、腸液の分泌を抑制するために、便が、硬くなることによって生じます。

また、大腸の蠕動(ぜんどう)運動は低下し、肛門括約筋(かつやくきん)の緊張が高まり排便が困難となります。

過去の本試験dも、登場ずみの設問ですので、どなたも、頑張って、クリアしていただけたとおもいます。

4 ○

久々に登場の、『パルスオキシメータ』。

PULSE OXIMETER  

パルス とは、脈拍 を。

オキシメータ  は、経皮的動脈血酸素飽和度 を。

それぞれ、あらわし、この機器は、痛みなどを伴わずに利用でき、近年では、腕時計タイプものもあるそうです。

手足のゆびさきに、光センサーを装着して、血液中にどの程度の、酸素が含まれているかを、測定する医療機器のことです。

医療系ドラマなどで、よく見かける、指先に装着した、『洗濯ばさみ』 みたいな器具ですね。

気管切開や、人工呼吸器を装着している人は、息苦しさなどをタイムリーに医療・介護従事者に

伝えることが難しい場合もありえます。

このような際にも、酸素飽和度を機器の値から、目視で確認できますので、喀痰吸引の必要性や、緊急連絡などのめやすにも役立ちます。

5 ×

ショック。

迷ったすえに、 自己導尿をえらんでしまった・・・

きっと、こんな受験生さん、多数ではないでしょうか。

消毒薬に浸したカテーテルを用いて、御自身、もしくは、介護の人が行いますので、たしかに、

細菌が膀胱内に、はいってしまう可能性があります。

 

ただし。

時間を決めて、導尿により、膀胱内をからっぽにすることにより、細菌も排泄され、結果としてバルーンカテーテルの留置よりも、【感染症のリスク】は低いのだそうです。

膀胱の中を、定期的に、からっぽにすることは、腎機能のためにも役立ち、また、尿を溜めてから排泄する・・・という、膀胱の機能改善にも役立つとされます。



次のページに移動

目次ページに移動

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ