第21回ケアマネ試験問題33【医療分野】

問題33
在宅で医療機器を使用する場合の留意点について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 腹膜透析を実施している場合は、感染に注意が必要である。

2 在宅中心静脈栄養法を行っている場合は、入浴は禁忌である。

3 在宅経管栄養法では、カテーテルの定期的な交換は不要である。

4 気管切開を伴った人工呼吸療法では、気管切開部の管理が必要である。

5 在宅酸素療法では、機器の周囲2m以内に火気を置かないようにする。



解答解説 145

問題 33

5つの設問にある、在宅医療機器・器具をまだ、実際に、ご覧になったことがない

受験生さんも、おられるのではないでしょうか??

バックボーンが多岐にわたる、ケアマネージャー資格では、それも当然ですよね。

ここはひとつ、文明の利器を活用して、画像、動画、などなどで、上手に学習、

御自身のたいせつな知識として、積み上げてゆきたいですね。

1 ○

御自身のからだの中にある、腹腔に、専用の管(カテーテル)を留置して、そこに、

透析用の液体を注入。

腹膜を利用して、老廃物を交換した、さきほどの液体を、体外に排出する仕組みです。

メリットとして、

患者さんの、都合の良い時間に自宅で行なえることや、食事内容の制限が血液透析に

くらべると、緩いことがありますが、

デメリットとして、

おなかの中に、カテーテルが留置されていますので、感染のリスクは高まること、

また、長期間実施していると、腹膜の変化が起こり、継続できなくなることがあげられ

ます。

2 ×

もちろん、体調にもよりますが、シャワーも、湯船につかっての入浴も、原則・OK!!

です。

3 ×

それぞれのカテーテルの、『交換のめやす』は、覚えておくといいですね。

4 ○

5 ○



次のページに移動

目次ページに移動

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ