第21回ケアマネ試験問題32【医療分野】

問題32
認知症について適切なものはどれか。3つ選べ。

1  レビー小体型認知症では、便秘や立ちくらみなどの自律神経症状を伴うことがある。

2  うつ状態が続くと、認知症と診断されてしまうことがある。

3  認知症の初期では、ADLの低下がみられ、進行するとIADLの低下が起こってくる。

4  せん妄は意識障害であり、認知症と区別する必要がある。

5  認知症初期集中支援チームの訪問支援対象者は、初期の認知症患者に限られる。



問題 32 解答解説 124

今年は、支援分野においても、【認知症】にかかわる問題が、登場しています。

みなさまが、ケアマネージャーとして御活躍をはじめたら、利用できる制度、施策、

地域における、多くの社会資源などなど、ぜひとも、思い浮かべながらの学習を・・・

1 ○

『αシヌクレイン』という、たんぱく質が、脳だけでなく、末梢自律神経などをふくめて、広く、異常沈着することにより引き起こされるのが、レビー小体型認知症 ですね。

大脳だけでなく、脳幹部や、末梢自律神経系まで、αシヌクレインが沈着することにより、認知障害だけでなく、パーキンソン症状などの運動障害、症状の変動(覚醒レベルの変動)、

さらには、便秘や、立ちくらみなどの自律神経症状など、多岐にわたる症状がみられることになります。

2 ○

うつ状態がつづくと、健忘を伴うことがあります。

認知テストを行なっても、すぐに、あきらめてしまい、実力以下の点数となったり

することもあるため、認知症と診断されてしまう可能性があるのですね。

もちろん、見当識は保たれていることから、周囲の状況などを把握することもでき、認知症とは異なります。

3 ×

なかなか巧みな? ひっかけ文章ですが、みなさま、クリアしていただけたでしょうか?

4 ○

認知症の診断基準の項目の1つに、覚醒している(意識障害ではない)ことがかかげられています。

このまま、おぼえておきたい文章ですね。

5 ×

初期集中・・・とありますが、実は、初期の認知症のかただけが、その対象ではありません。

厚生労働省資料より、具体的な対象例を抜粋してみましたので、御参照ください。

【 対象者 】

40歳以上で、在宅で生活しており、かつ認知症が疑われる人、又は、認知症の人で以下のいずれかの基準に該当する人とする。

◆ 医療サービス、介護サービスを受けていない人、または中断している人で、以下のいずれかに該当する人

(ア) 認知症疾患の臨床診断を受けていない人

(イ) 継続的な医療サービスを受けていない人

(ウ) 適切な介護保険サービスに結び付いていない人

(エ) 診断されたが介護サービスが中断している人

◆ 医療サービス、介護サービスを受けているが認知症の行動・心理症状が顕著なため、対応に苦慮している

また、認知症初期集中支援チームの目的は、以下になります。

【 目的 】

認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けられるために、認知症の人やその家族に早期に関わる「認知症初期集中支援チーム」を配置し、早期診断・早期対応に向けた支援体制を構築することを目的とする。

なるほど、目的を読むと、その対象が初期の認知症の人だけでないことが、わかりますね。



次のページに移動

目次ページに移動

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ