第21回ケアマネ試験問題49【福祉分野】

問題49

ソーシャルワークにおける地域援助として、より適切なものはどれか。3つ選べ。

 

1 難病患者の家族の会による会員向けの介護体験報告会

2 社会福祉協議会による地域住民向けの生活支援サポーター養成講座の開催

3 地域包括支援センターに登録された虚弱高齢者向けの健康教室でのプログラム活動

4 精神障害者の地域移行のための病院や障害福祉サービス事業者、不動産会社等のネットワークの構築

5 自治体や社会福祉法人と大学との協働による認知症カフェの設置・運営

 



解答解説245

続いては、3つのソーシャルワークのうちの、1つである、地域援助技術に関する問題です。

コミュニティワークとも表されるように、援助の対象は、『地域』と なります。

ここで、まずは、ウオーミングアップに、

第19回の本試験問題を御紹介してみますので、ぜひ、みなさま、トライを!!

(もんだい)

マクロ・ソーシャルワーク(地域援助)として、より適切なものはどれか。

3つ選べ。

(1) 社会福祉協議会による一人暮らし高齢者への声かけ活動のための住民の組織化

(2) 地域包括支援センターの社会福祉士による高齢者を虐待する家族への面接

(3) 住民が手軽に福祉サービスの情報を入手できる手段の創設

(4) 特別養護老人ホームの生活相談員による入所者に対するグループ活動

(5) コンビニエンスストアや商店街、地域の企業などの社会資源が行なう認知症

   高齢者の見守り活動
   

どなたも、筋肉が、ほぐれてきたでしょうか??  では、すこーしだけ解説です。

設問1 ×

一定の集団(グループ)を対象としていますね。

設問2 ○

コミュニティーにかかる援助とかんがえます。

設問3 ×

一定の集団(グループ)を対象としていますね。

設問4 ○

これぞ、コミュニティワークといえます。

設問5 ○

これもまた、各地で期待したい、コミュニティワークといえますね。

コツをつかんでいただければ、

個人援助なのか、集団援助なのか、あるは、地域援助なのかが、すぐにピンとくるとおもいます。

過去問題や練習問題をたくさん解いて、パターンをつかむ。さらには、御自身の苦手系パターンをしっかりつかんで、練習をかさねる。

ソーシャルワークでも、かならず、かならず、貴重な1点を、積み上げたいところです。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ