第21回ケアマネ試験問題48【福祉分野】

問題48
ソーシャルワークにおける集団援助として、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 精神科クリニックで行われる、アルコール依存症の当事者による分かち合いの体験

2 地域包括支援センターによる、介護に悩む家族を対象とした交流活動

3 福祉事務所で行われる、社会福祉主事による生活保護の相談面接

4 特別養護老人ホームの入居者と地域住民との交流を目的とした夏祭りのためのボランティアの募集

5 地域支援事業として行われる、虚弱高齢者のグループを対象とした介護予防活動への助言

 



解答解説125

ソーシャルワーク(社会援助技術)を、大きく、3つに分類しますと以下のように

なります。

(1) ミクロソーシャルワーク (ケースワーク)

(2) メゾ・ソーシャルワーク (グループワーク)

(3) マクロ・ソーシャルワーク(コミュニティワーク)

それぞれに、

個別援助技術、集団援助技術、地域援助技術とも、和訳されていますので、

過去問題でごらんになったことが、おありかとおもいます。

援助する対象が、

個人やその家族なのか、あるグループなのか、ある地域なのか・・・という

分類なのですね。

ここが、しっかり理解できていれば、ひっかけ問題も、クリアできますので、

ソーシャルワーク、ウエルカム!! と まいりましょう。

さて、問題48では、 集団援助技術(グループワーク、メゾ・ソーシャルワーク)に該当する

援助を選ぶことになります。

ここでの集団(グループ)は、同じ課題等にかかわる、複数の人のまとまり・・・というふうに

とらえれば、わかりやすいとおもいます。

また、言い換えれば、個人援助技術、あるいは、地域援助技術に該当するもの、はじくという

ことですね。 難しい設問は、残しておいて、消去法でも、よいでしょう。

設問1 ○

一定の集団(グループ)が対象となっています。

設問2 ○

一定の集団(グループ)が対象となっています。

設問3 ×

ソーシャルケースワーク、すなわち、個別援助技術となります。

設問4 ×

設問がちょっと長いので、途中で混乱しますが・・・

援助ではないことから、 ここは、ひっかからずに、(×)の選択で。

設問5 ○

文句なしの、メゾ・ソーシャルワークであります。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ