第21回ケアマネ試験問題27【医療分野】

問題27
次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 深部静脈血栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)は、こまめに足を動かして予防に努める。

2 福祉避難所は、高齢者など何らかの特別な配慮を必要とする者を対象とし、その家族は対象としない。

3 避難所で生活している場合には、介護保険サービスの提供は受けられない。

4 介護老人保健施設は、非常災害に関する具体的計画を立てなければならない。

5 避難所では、体を動かす機会が減り、筋力が低下することによって、生活不活発病となることがある。



解説
設問1 ○

【エコノミークラス症候群】という響きから、

なんだか、飛行機に長時間のった際にだけ、起こる症状のように聴こえてしまいますが、

『深部静脈血栓症』と聞けば、その重篤性が伝わるとおもいます。

足や下半身などにできた血液のかたまり(血栓)が、血流に乗って肺の血管(肺動脈)につまり、

胸の痛み・呼吸困難・循環不全などをきたす、こわい病気です。

正式な名前は『肺血栓塞栓症はいけっせんそくせんしょう』といいます。

【エコノミークラス症候群】という呼び名は、飛行機などの座席で長時間じっとしていて

急に立ち上がったときなどに発生しやすいことに由来します。

そういえば。

むかーーし、サッカーの長友選手も、この病状に見舞われ、ニュースになりましたよね。

ただし、飛行機だけでなく、たとえば、自家用車のなかで寝泊まりしている場合などでも、

足に血栓ができやすく、発症しやすくなるとされます。

大きな自然災害などにより、車中生活を余儀なくされることもあります。

御存知のように、重症になると命にかかわることがあるため、病気の正しい理解が

とても、とても、大切です。

設問2 ×

過去の本試験でも、登場した、『福祉避難所』については、内閣府より、

確保・運営のガイドラインがだされています。

まずは、その、定義から御紹介してみましょう・・・

福祉避難所については、災害対策基本法施行令に、災害対策基本法による避難所の指定基準の一つとして、
以下のように規定されている。

主として高齢者、障害者、乳幼児その他の特に配慮を要する者(以下この号において「要配慮者」という。)を

滞在させることが想定されるものにあつては、要配慮者の円滑な利用の確保、要配慮者が相談し、又は助言その他の

支援を受けることができる体制の整備その他の要配慮者の良好な生活環境の確保に資する事項について内閣府令で

定める基準に適合するものであること。(災害対策基本法施行令 第20条の6第5号)

内閣府令で定める基準は、次の通り(災害対策基本法施行規則 第1条の9)。

※  高齢者、障害者、乳幼児その他の特に配慮を要する者(以下この条において「要配慮者」という。)

   の円滑な利用を確保するための措置が講じられていること。

※  災害が発生した場合において要配慮者が相談し、又は助言その他の支援を受けることができる体制が

   整備されること。

※  災害が発生した場合において主として要配慮者を滞在させるために必要な居室が可能な限り確保されること。

福祉避難所の利用の対象となる者として、以下のように記載されています。

身体等の状況が特別養護老人ホーム又は老人短期入所施設等へ入所するには至らない程度の者であって、

避難所での生活において、特別な配慮を要する者であること。具体的には、高齢者、障害者の他、妊産婦、

乳幼児、病弱者等避難所での生活に支障をきたすため、避難所生活において何らかの特別な配慮を必要と

する者、

及びその家族まで含めて差し支えない。なお、特別養護老人ホーム又は老人短期入所施設等の入所対象者は

それぞれ、緊急入所等を含め、当該施設で適切に対応されるべきであるため、原則として福祉避難所の対象者と

はしていない。

(出典:災害救助法 運用と実務 第一法規 平成26年 304頁)

上記を原則としつつも、地域や被災者の被災状況に応じて、さらに避難生活中の状態等の変化に留意し、必要に

応じて適切に対処する必要がある。なお、災害時における要配慮者を含む被災者の避難生活場所については、

在宅での避難生活、一般の避難所での生活、福祉避難所での生活、緊急的に入所(緊急入所)等が考えられる。

なるほど!!

その家族までふくめて、差し支えない とありますね。

よって、設問2は、 ×が 正解と いたします。

設問3 ×

じゃあ、御自宅で介護保険サービスを利用していた人が、福祉避難所で生活することに

なったら??

同じく、ガイドラインには、下記のように記載がありました。

一部抜粋となりますが、御紹介してみましょう。

福祉避難所の避難者は、災害前は自宅で暮らしていたことが前提となる。

福祉サービスの提供にあたっては、

避難者が被災前に有していた自立する能力を損なわないような形で支援を行う。

福祉避難所におけるホームヘルパーの派遣等、福祉各法による在宅福祉サービス等の提供は、

福祉各法による実施を想定している。(災害救助法による救助としては予定していない。)

設問には、避難所とありますので、ちょっと紛らわしいのですが・・・

設問4、設問5が、 テッパンの (○)として、やはり、消去法で(×)を選ぶのが、

順当かな?? とかんがえました。



次のページに移動

目次ページに移動

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ