問題44(医療分野)(第19回-2016-h28)

問題44(医療分野)(第19回-2016-h28)
居宅サービス事業について適切なものはどれか。2つ選べ。(注1)選択肢1は「指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準」(平成18年厚生労働省令第34号)の定める内容による。(注2)選択肢2、4及び5は「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第37号)の定める内容による。

1 連携型定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所は、定期巡回サービス、随時対応サービス、随時訪問サービスを提供する。

2 指定訪問リハビリテーションの提供は、研修を受けた看護師が行うことができる。

3 介護予防訪問看護の対象者には、末期の悪性腫瘍の患者も含まれる。

4 短期入所療養介護の入所が4日以上になる場合は、医師の診療方針に基づき、居宅サービス計画に沿った短期入所療養介護計画を事業所の管理者が作成する。

5 通所リハビリテーション計画は、かかりつけ医の指示により作成しなければならない。



問題解説  解答14



 

介護保険におけるリハビリテーションは『維持期のリハビリテーション』。そして、在宅で暮らすかた、施設に入所してすごされるかた、それぞれに適切なリハビリテーションを受ける
ことになります。維持期リハビリテーションの種類を一覧表にまとめてみましたので御参照ください。試験では、維持期を【生活期】と表現することもありますのでどうぞ御注意を!!

 

 

種類

提供拠点

医療保険

介護保険

在宅

通院リハビリテーション

診療所

病院

 

在宅

訪問リハビリテーション

診療所

病院

介護老人保健施設

 

在宅

訪問看護

診療所

病院

訪問看護ステーション

 

在宅

通所リハビリテーション

診療所

病院

介護老人保健施設

 

 

在宅

短期入所によるリハビリテーション

介護療養型医療施設

療養病床有床病院

療養病床有床診療所

介護老人保健施設

 

 

施設

入院リハビリテーション

介護療養型医療施設

 

施設

入所リハビリテーション

介護老人保健施設

 

 

1○
あれれ?? 定期巡回・・・って、4つのサービスの組み合わせじゃなかったっけ??? 
こんな疑問が沸いて、(×)にしちゃった受験生さんも多いのではないでしょうか。

スタート当時は、①定期巡回サービス②随時対応サービス③随時訪問サービス④訪問看護サービス4つあわせてのタイプのみでしたが、現在では、一体型定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業では、①から④までを提供し、連携型定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業では、①から③までの提供でよいこととなっています。

 

2×
各種サービスの【定義】は、ケアマネ本試験ではとても、とても、大切になります。訪問リハビリテーションの提供をできるのは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と規定されています。

 

3×
ここで思わず、(○)を選びたくなりますが、問題38でも御説明したように『末期の悪性腫瘍』は、医療保険の適用となります。要支援、要介護の区別はありませんので、どうぞ御注意を!!

 

4○
設問のとおりです。ケアプランに組み込む場合は、ショートステイ側との連携も重要となります。

 

5×
サービスの肝ともいえる?通所リハビリテーション計画についても、厳しい規定があります。
医師及び理学療法士、作業療法士、その他専ら指定通所リハビリテーションの提供にあたる、通所リハビリテーション従業者、診療又は運動機能検査、作業能力検査等を基に、共同して通所リハビリテーション計画の作成にあたることとされます。

<<前のページに戻る 

目次ページへ移動

次のページへ進む>>

ケアマネ試験掲示板で質問する>>

 

このページの先頭へ