問題41(医療分野)(第19回-2016-h28)

問題41(医療分野)(第19回-2016-h28)

高齢者の特性について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 老年症候群に対しては、できる限り安静や臥床が必要である。

2 せん妄は、原因や誘因を取り除いても消失しない。

3 体重減少、疲れやすい、身体活動レベルの低下、握力低下、歩行速度低下の5つの要素のうち、3つ以上あればフレイル(虚弱)と定義される。

4 サルコペニア(加齢性筋肉減少症)は、運動器全体の機能低下をきたすことがある。

5 加齢により、最近の出来事に対する記憶が低下していくことが多い。



問題解説  解答345



フレイルティサイクル

 

1×
【老年症候群】とは、高齢者に多くみられ、高齢期の生活機能を低下させ、さらには、高齢者のQOLまでも低下させてしまう、症状や病態をいいます。

認知機能障害、めまい、ふらつき、視覚障害、聴覚障害、手足のしびれ、フレイル、サルコペニア、廃用症候群と、動くことへのハードルが高い場合もありますが、従来のような安静一辺倒ではなく、できる限りからだを動かすこと、また、そのための工夫や支援が必要とされます。

 

2×
『せん妄』は、意識障害の1つに位置づけられていまが、一般には、それほど意識障害のレベルは高くはなくて、一過性の認知機能の低下、見当識障害、不眠。興奮、錯乱、幻聴、幻覚などの、さまざまな精神症状が現われます。
『せん妄』を引き起こす背景に、睡眠や覚醒のリズムの障害があるとされます。病状は一過性であることが多く、通常は数週間で治まるとされます。

 

3○
高齢になって、筋力や活動が低下している状態を、『フレイル』といいます。これまでは、老化現象といった表現がよく用いられていたのですが、現在はフレイルという呼称が主流です。
(1)体重の減少 (2)歩行速度の低下 (3)筋力の低下 (4)疲れやすい (5)活動レベルの低下  これら、5つの項目のうち、3項目以上に該当する場合に、フレイルとみなされます。
20回本試験にも、関連した出題の可能性・大ですので、しっかり覚えておきたい用語となります。

 

4○
設問のとおりです。
もともとは、加齢に伴う骨格筋量の減少のことをサルコペニアと呼んでいたのですが、現在では、筋力や身体機能の低下までを含めて、サルコペニアとされるようになっており、サルコペニアは、フレイルの一部ととらえると、わかりやすいと思われます。

 

5○
設問のとおりです。ひとくちに、認知機能と言っても、記憶、見当識、理解、判断、知識、計算、多くの要素がありますよね。加齢による認知機能の衰えも、それぞれの要素によりケースが異なります。
たとえば、計算能力は低下するけれど、知識は加齢の影響が少ないなどといった具合ですね。
加齢により、最近の出来事に関する記憶が低下する場合が多いとされますので、適切な対応方法なども理解しておくことがたいせつですね。

<<前のページに戻る 

目次ページへ移動

次のページへ進む>>

ケアマネ試験掲示板で質問する>>

 

このページの先頭へ