問題35(医療分野)(第19回-2016-h28)

問題35(医療分野)(第19回-2016-h28)

次の記述について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 急変時に予想される事態への対応、緊急受診先等をあらかじめ主治医や家族と共有しておくことが望ましい。

2 血圧低下による重要臓器の末梢循環が著しく障害された状態をショックという。

3 高齢者の場合、急変時にみられる痛みや呼吸困難などの訴えがないことも多い。

4 嘔吐した場合には、仰臥位にして口腔内に吐物が残っていないかを確認する。

5 高齢者は、感染症に罹患すれば、必ず発熱する。



問題解説  解答123




急変の学習は、『病気が原因のもの』と『事故が原因のもの』の2本立てがおすすめです。
下記に、おさえておきたい急変の各種原因をまとめてみましたので、御参照ください。

◆ 病気が原因の急変として
① 意識障害

② 呼吸困難 

③ 痛み(頭痛・胸痛・背部痛・腹痛) 

④ 吐血、下血、喀血

⑤ 嘔吐

⑥ 麻痺

⑦ 発熱

⑧ 脱水

◆ 事故が原因の急変として

① 窒息 

② 誤嚥 

③ 転倒、骨折 

④ 入浴中の事故 

※ ジャパン・コーマ・スケール(JCS)や、心肺蘇生としての、一次救命処置の手順も、ぜひ覚えておかれるとよいでしょう。

1○  
設問のとおりです。関係者での定期的な内容確認も、必須といえるでしょう。

2○
ショックには、さまざまな原因があり、出血、熱傷、重症感染症、心不全、アナフィラキシー、その他の疾患として肺塞栓症、アジソン病、糖尿病性アシドーシス等でも起こることがあるとされます。

3○
設問のとおりです。
無痛性心筋梗塞、無痛性狭心症、無熱性肺炎、無痛性骨折などがあり、これらの場合は重症化しやすい傾向にあるとされますので、要注意です。
高齢者は複数の疾患を抱えることも多く、典型的な症状を訴えず、非定型の症状を呈するケースも多いとされます。御本人の訴えや自覚症状だけでは、疾患等の判断が非常に難しいことも有り得るのですね。

4×
ここは、どなたもキッパリ(×)を選んでくださったと思います。嘔吐したものが気道を塞ぎ、窒息しないように、できれば速やかに側臥位に。難しい場合は、顔を横に向けるなどします。

5× 
高齢者における疾患の症状の特徴の1つ!! それは、【非典型的】であることですよね。設問3の解説でもお話したように、無痛性●●とか、無熱性◆◆といった場合が、多々存在しますので要注意ですね。

<<前のページに戻る 

目次ページへ移動

次のページへ進む>>

ケアマネ試験掲示板で質問する>>

 

このページの先頭へ