問題53(福祉分野)(第19回-2016-h28)

問題53(福祉分野)(第19回-2016-h28)

介護保険における通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。
(注)選択肢1、2及び5は「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第37号)の定める内容による。

1 看護職員の配置は、義務付けられていない。

2 おむつ代は、利用料以外の料金として支払いを受けることができる。

3 認知症介護指導者養成研修を修了した職員を配置していれば、認知症の程度にかかわらず、認知症加算を算定できる。

4 通所介護事業所と同一の建物内に居住する利用者がサービスを利用する場合であっても、通所介護費を減算されることはない。

5 利用者に病状の急変が生じた場合は、主治の医師への連絡等の措置を講じなければならない。



問題解説  解答25



介護の現場では、デイ(デイサービス)と呼ばれることのほうが多い、通所介護ですが、まずはその【基本方針】をしっかりつかんでおくことが大切です。「指定居宅サービスに該当する通所介護の事業は、要介護状態となった場合においても、その利用者が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者の社会的孤立感の解消及び心身の機能の維持並びに用者の家族の身体的並びに精神的負担の軽減を図るものでなければならない。」

 

1×
(従業者の員数)第九十三条
二 看護師又は准看護師(以下この章において「看護職員」という。)指定通所介護の単位ごとに、専ら当該指定通所介護の提供に当たる看護職員が一以上確保されるために必要と認められる数

 

2○
さあ!! みなさま御一緒に、『おむつが もらえる ハッピー施設 たんたん だ予』です。
ハッピーは、地域密着型介護老人福祉施設の『福』を。施設は3つある介護保険施設、すなわち、
介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設を。たんたんは、短短の意味で2つあるショートステイの短期入所生活介護、短期入所療養介護をさします。最後の予は、予防給付の予を意味していますので、短短のショートステイ2つにかかり、介護予防短期入所生活介護と、短期入所療養介護となります。ぜんぶで8つ。これが、おむつが給付となるサービスです。

 

3×
新設された『認知症加算』には、算定要件が設けられていますので、御注意ください。

 

4×
過去にも類似問題が何度も登場していますので、どなたも見破っていただけたことと思います。
マンションの1階が事業所で、同一マンションに利用者さんが住んでいる・・・なんてケースもあるのですね。このような場合、サービス利用にあたり、送迎を実施した際には、『減算』として扱われ、所定の単位数からマイナスされます。

 

5○
運営規定として、『緊急時等における対応』も、定めておくことが義務付けられています。

<<前のページに戻る 

目次ページへ移動

次のページへ進む>>

ケアマネ試験掲示板で質問する>>

 

このページの先頭へ