問題50(福祉分野)(第19回-2016-h28)

問題50(福祉分野)(第19回-2016-h28)

短期入所生活介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

(注)選択肢1、2、3及び4は「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第37号)の定める内容による。

1 利用者20名未満の併設型の事業所の場合、介護職員は非常勤でもよい。

2 すべての利用者について、短期入所生活介護計画を作成しなければならない。

3 短期入所生活介護計画は、居宅サービス計画を作成した介護支援専門員が作成しなければならない。

4 災害等のやむを得ない事情がある場合には、利用定員を超えた短期入所生活介護が認められる。

5 緊急短期入所受入加算と認知症行動・心理症状緊急対応加算は、同時に算定できる



問題解説  解答14



現場では、『ショートステイ』あるいは、それを略しての、『ショート』と呼ばれることが多いのが、短期入所生活介護ですね。在宅でサービスを利用しながら御暮らしの要介護者の人が、短期間、介護老人福祉施設などに宿泊して、ケアを受けるサービスをいいます。本来はケアプランに位置づけて、宿泊予約をあらかじめ行うサービスですが、27年度法改正に伴い基準が緩和されました。
サービスの定義、サービスを提供する事業者、各種基準、そして、報酬における基準として加算、減算など、項目をあげてぜひとも、じっくり学習なさってくださいね。また、医療系サービスである短期入所療養介護との相違点も、併せて確認しておかれると、御仕事にも役立ちおすすめです。

 

1○
介護・看護職員は原則として、利用者1から100人に対し、1人。そして1人は常勤とされますが、利用者20人未満の併設型の場合は、【非常勤でも可】とされます。

くううううううう、細かい!! なんて、思わず言いたくなる設問ですが、そんな時はあわてず他の設問を読み進めてみましょう。意外に、ヒントが見つかることも多いのです!!

 

2×
原則として、『おおむね4日以上』入所することが予定される場合に、計画作成となります。

(短期入所療養介護計画の作成)
第百四十七条 指定短期入所療養介護事業所の管理者は、相当期間以上にわたり継続して入所することが予定される利用者については、利用者の心身の状況、病状、希望及びその置かれている環境並びに医師の診療の方針に基づき、指定短期入所療養介護の提供の開始前から終了後に至るまでの利用者が利用するサービスの継続性に配慮して、他の短期入所療養介護従業者と協議の上、サービスの目標、当該目標を達成するための具体的なサービスの内容等を記載した短期入所療養介護計画を作成しなければならない。
2 短期入所療養介護計画は、既に居宅サービス計画が作成されている場合は、当該計画の内容に沿って作成しなければならない。
3 指定短期入所療養介護事業所の管理者は、短期入所療養介護計画の作成に当たっては、その内容について利用者又はその家族に対して説明し、利用者の同意を得なければならない。
4 指定短期入所療養介護事業所の管理者は、短期入所療養介護計画を作成した際には、当該短期入所療養介護計画を利用者に交付しなければならない。

 

3×
設問2の、解説を御参照ください。

 

4○
(定員の遵守)
第百五十四条 指定短期入所療養介護事業者は、次に掲げる利用者数以上の利用者に対して同時に指定短期入所療養介護を行ってはならない。
ただし、災害、虐待その他のやむを得ない事情がある場合は、この限りでない。
一 介護老人保健施設である指定短期入所療養介護事業所にあっては、利用者を当該介護老人保健施設の入所者とみなした場合において入所定員及び療養室の定員を超えることとなる利用者数
二 療養病床を有する病院若しくは診療所又は老人性認知症疾患療養病棟を有する病院である指定短期入所療養介護事業所にあっては、療養病床又は老人性認知症疾患療養病棟に係る病床数及び療養病床又は老人性認知症疾患療養病棟に係る病室の定員を超えることとなる利用者数
三 診療所(前号に掲げるものを除く。)である指定短期入所療養介護事業所にあっては、指定短期入所療養介護を提供する病床数及び病室の定員を超えることとなる利用者数

 

5×
『緊急短期入所受入加算』は、利用者の心身の状態や家族等の事情により、ショート利用が必要であるとケアマネが認めた利用者に対して、ケアプランにない短期入所生活介護サービスの提供を緊急に行った場合に、サービスの提供開始日から起算して、7日(ケースによっては14日)を限度に、算定可能です。
ただし、『認知症行動・心理症状緊急対応加算』との併用は、認められていませんので御注意を!

<<前のページに戻る 

目次ページへ移動

次のページへ進む>>

ケアマネ試験掲示板で質問する>>

 

このページの先頭へ