問題48(福祉分野)(第19回-2016-h28)

問題48(福祉分野)(第19回-2016-h28)

メゾ・ソーシャルワーク(集団援助)について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 メンバーの中に共通の問題を発見し、共感することは、孤立感や悲壮感を解消することにはつながらない。

2 援助を受ける立場にあるメンバーは、他人を援助するという立場にはなれない。

3 集団として活動するという体験で、グループの力の大きさを理解することができる。

4 一人ではできない活動に仲間とともに取り組むことで、できるようになった喜びを体験することができ

5 他のメンバーの行動を観察することは、自分の問題について新たな見方を獲得する機会となる。



問題解説  解答345



行政などのケースワーカーさんだけが、ソーシャルワークを行うのでは決してありません。
皆さまが目指す、ケアマネージャーが実践するケアマネジメントという手法の土台となっているものもまたソーシャルワークなのですね。利用者さんのニーズと社会資源を結びつけるのがケアマネジメント、また、個人の内なるちからに焦点を合わせつつ、相談援助を行うのがソーシャルワークといえますが、ケアマネジメントにおいてもソーシャルワーク的視点が
必要とされる場面は非常に多いとされます。地域包括ケアシステムの構築にも欠かせないことからも、第20回試験においても出題の可能性は高いと予想いたします。

さて、試験対策としてのソーシャルワークの学習では、ずばり!! 3本立てでゆきたいとかんがえます。それぞれの援助技術が目指すところ、その特色など、ぜひ頑張って学習を!!

◆ 個別援助技術(ソーシャルケースワーク、あるいは、ミクロ・ソーシャルワーク)
  個人に対する支援であり、ケアマネージャーも日常的に活用するものとされます

◆ 集団援助技術(ソーシャルグループワーク、あるいは、メゾ・ソーシャルワーク)
  集団場面や集団活動を対象とし、あるいはそれを媒介にして社会福祉援助を行います

◆ 地域援助技術(コミュニティワーク、あるいは、マクロ・ソーシャルワーク)
  直接的な働きかけを『地域』に対して行う援助方法とされます

 

1×
デイサービスなどでもお馴染みの、ちいさな集団で行動することの効果は、実は、【絶大】です。
集団場面、集団関係がもたらす効果等として、以下があげられています。

①  ほかのメンバーの行動を観察する機会がもたらす効果
②  メンバーのなかに共通の問題を発見することによる効果
③  集団内での役割交換の効果
④  現実吟味と社会的学習機会の拡大効果
⑤  援助を他人と分かち合う体験

 

2×
個人援助技術であれば、クライエントと相談援助者は、互いに自分の役割(立場)を持ちますが、集団援助技術においては、上記③のように、グループ内の立場を交換することにより、たとえば、
被援助者が、他人を援助する立場になることで、自分自身の問題解決につながる・・・といったことも有り得ます。

 

3○
設問のとおりです。
高齢者にとって、参加している小さな集団や、集団活動の影響力には大きなものがあるのですね。

 

4○
設問のとおりです。
上記④の効果では、生活全体が活性化したり、新しい目標を発見させてくれたり、それをこなしていける自分自身を見出し、周囲もそれを受け入れてくれることを確認できなるなどとされます。

 

5○
上記①の効果では、同じ問題をかかえていることが、あらかじめわかっている人々の集団においてこのことのもたらす効果は、特に大きいとされます。

<<前のページに戻る 

目次ページへ移動

次のページへ進む>>

ケアマネ試験掲示板で質問する>>

 

このページの先頭へ