第20回ケアマネ試験問題38 無料解説 随時詳細加筆いたします。

問題38
高齢者のリハビリテーションについて,より適切なものはどれか。3つ選べ。

 

1 安静臥床が続くと心肺機能などが低下するため,早期離床を図る。

2 左半側空間失認では,右半分に注意を向けるようなリハビリテーションの工夫をする。

3 リハビリテーションでは,低血糖発作の出現,痛みの増悪,転倒リスクの増大などに対する注意が必要である。

4 福祉用具の給付は,障害者総合支援法が介護保険法に優先する。

5 回復期リハビリテーションでは,機能回復.ADLの向上及び早期の社会復帰を目指す。



解答 135

 

この問題の難易度は、アンケート結果によると

アンケート結果はこちらから

『ケアにおける、リハビリテーション』も、実は、医療分野の出題範囲に

きっちり、はいっていらっしゃいます。

 

 

小項目には・・・以下があげられています。

 

(1)

リハビリテーションの考え方

 

(2)

リハビリテーションの基礎知識

 

(3)

リハビリテーションの実際(訓練と援助の実際)

 

 

医療系サービスの、デイケア(通所リハビリテーション)や、訪問リハビリテーションが

出ない年には、こちらが出題される傾向にあります。

 

過去問題で、頑張って、出題パターンを、つかんでおきたいですね。

 

 

では、設問を、1つ、1つ、みてまいりましょう。

 

 

1○

 

早期離床は、もはや、常識。

 

かのうなかぎり。

 

そうきりしょう。

 

 

安静臥床が長く続くことにより、心拍出量の低下、換気量の低下などがあらわれ、

これは、廃用症候群の症状の1つとなります。

 

高齢者にとって、長期の安静臥床は、デメリット大!! なのですね。

 

 

 

???  

 

???

 

???

 

左半側空間失認・・・   

 

ということは、

 

左側を、認知できないということ。

 

 

リハビリテーションを行なうとしたら、

 

左側を認知できるよう、働きかけるが

 

正解ですよね。

 

 

読み間違えをねらった、新種のひっかけ設問かも。

 

 

3○

 

リハビリテーションは、フィットネスクラブではありません。

 

結果にコミットすることは大切だけれど、

 

腹筋 割れてる・・・が、目的ではないですし、

 

医学的管理下のもとで、行なわれる、治療の1つでもありますので、

 

リスク管理が、必須となります。

 

 

特に、高齢者の場合は、起こりやすいリスクとして、以下があげられます。

 

◆◆  運動にともない、起こりやすいリスクとして

 

低血糖発作、

胸痛、不整脈、呼吸困難などの誘発

痛みの増悪

転倒のリスクの増大

けいれん発作  など

 

 

 

よろしかったら、福祉分野の問題 59の 解説も、あわせてご覧ください・・・

 

支援分野の学習とも、かぶるのですが、給付が重複する場合、

 

たとえば、

 

介護保険制度にも、訪問看護があります。

 

医療保険制度にも、訪問看護があります。

 

 

こんなときに、

 

どちらの法律や制度を

『優先』するかが

決められています。

 

この場合は、

 

介護保険の訪問看護が

 

優先します。

(医療保険優先のケースも、規定されています)

 

 

おなじように、

 

介護保険においての、福祉用具 (貸与と、購入がありますね)

 

障害者総合支援法の、福祉用具

 

どちらの制度にも、福祉用具の給付がありますが、

 

 

この場合は、

 

原則として、介護保険からの福祉用具の給付が

 

が優先します。

 

しつこく、原則・・・と繰り返しましたのは、

 

介護保険の『給付』にはなく、

障害者総合支援法にはある『給付』というものが存在するからですね。

 

介護保険の給付で、適切にカバーできるのであれば、

 

まずは、介護保険から。

 

こう、とらえていただくと、わかりやすいかなとおもいます。

 

 

このあたりは、問題 59の 解説でおはなししましたので、よろしかったら。

 

 

5○

 

リハビリテーションは、時期と、リハビリテーションが果たす機能から

下記のように、分類されます。

 

 

◆◆◆  予防的リハビリテーション、

 

◆◆◆  急性期リハビリテーション

 

◆◆◆  回復期リハビリテーション

 

◆◆◆  維持期リハビリテーション

 

このうちの、回復期リハビリテーションとは、

 

急性期リハビリテーションにつづき、多種職にわたる、リハビリテーション

チームにおいて、集中的、かつ、包括的に行なわれるリハビリテーションと

されます。

 

具体的には・・・

 

嚥下、移動、歩行、セルフケア、コミュニケーション、また、高次脳機能障害などの

障害に対する、最大限の機能回復、ADLの向上、早期の社会復帰などをめざすものと

されます。

 

 

回復期リハビリテーションは、『治療的リハビリテーション』とされ、

 

積極的なリハビリテーションの効果が、期待できる者にたいして、回復期リハビリテーション

病棟において、的確な予後予測、ゴールの設定のもとに行なわれることにも、御注目ください。

 





 

問題目次に戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ