第20回ケアマネ試験問題37 無料解説 随時詳細加筆いたします。

問題37
在宅酸素療法について正しいものはどれか。2つ選べ。

 

1 酸素ボンベの使用に慣れれば,医師の指示がなくても,酸素吸入量は自由に設定してよい。

2 酸素消費量が多くなるため,入浴は行わない。

3 電磁調理器の使用時には,酸素吸入は行わない。

4 鼻腔カニューレの使用中であっても,食事や会話が可能である。

5 呼吸同調型酸素供給装置を使用することで,酸素ボンベの消費を減らすことができる。



解答 45

 

この問題の難易度は、アンケート結果によると

アンケート結果はこちらから

医療分野の試験出題範囲を、じっくり確認してみますと・・・

 

 

問題 36に 登場した、

 

医療器具を装着している場合の留意点と、

 

 

もう1つ!!

 

中項目として、

『呼吸管理、その他の在宅酸素療法』が、

 

小項目には、以下があることに、気づかれるとおもいます。

 

(1)

呼吸管理の考え方

 

(2)

その他の在宅医療管理

 

 

ということは、

 

医療器具系から1問でて、さらに、在宅酸素系から、もう1問でることも

ありというわけですね。

 

在宅酸素系は、ていねいに学習を重ねれば、お得な?? 単元と言い換える

ことができそうです。

 

 

では、設問を、1つ、1つ、みてまいりましょう。

 

 

 

たくさん吸えば、良いってものではありません。

 

もちろん、

 

めんどうだから、今日は、パス!

 

とかも、だめ。

 

 

きちんと理解していないと、

 

患者さんが息苦しさを訴えると、あわてて、医師の指示量を超えた酸素流量に

してしまいそうですが、これは、大変、危険な行為なのですね。

 

理由は、呼吸中枢を抑制してしまい、意識障害を引き起こす危険があるため

です。

 

また、息苦しくないから・・・といって、酸素療法を、勝手に中断すると、

低酸素状態がつづき、最悪の場合には、心不全を招くことすらあると

されます。

 

 

生命に直結する、呼吸です。

 

在宅酸素療法の導入に際しては、御本人、御家族、介護にかかわるスタッフ、関係者

などが同じ知識を、共有できるよう適切なオリエンテーションがのぞまれます。

 

 

 

主治医の許可があれば、原則として、入浴は可能です。

 

酸素吸入を行いながら、入浴することが、のぞましいとされます。

 

(延長チューブを用いれば、浴室でも、酸素吸入が可能です。)

 

また、入浴の際には、

 

体力の消耗を避けるため、

 

熱いお湯にはつからない などの注意も必要です。

 

 

 

電磁調理器の使用による、不具合はありません。

 

 

むしろ、直火を使うガスコンロを使用するよりも、電子レンジや、IH調理機器などを活用

するほうが、安全・安心とされます。

 

ガスコンロ使用の際には、点火するときには、カニューれをはずすなど、引火に

じゅうぶん気をつけることが必要ですね。

 

 

4○

 

『鼻のあな』に装着したカニューレから、酸素を吸入しますので、口の周囲は、機器には、

ふさがれていない状態です。

 

食事や、会話も、もちろん、OK!!

 

お食事や、会話は、日常生活のなかでの、大きな楽しみです。

 

無理は、禁物ですが、

 

御本人のからだの状態に応じて、酸素の吸入をしながらでも、ゆっくり楽しめるように

支援がのぞまれます。

 

 

5○

 

なにやら。

あたらしい。

きかいのようです。

 

『呼吸同調型酸素供給装置』では、

 

酸素の『吸気』のときにのみ、酸素が流出されます。

 

これにより、

 

酸素ボンベの、酸素消費量をへらすことができ、

 

呼吸同調型酸素供給器を使用しない場合にくらべて、

 

3倍!! もの時間、酸素ボンベを使用することができるそうです。

 





 

問題目次に戻る

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ